妊活で注意すること

最近の研究では、ストレスが多いと精●の数が減ることがわかっています。女性はホルモンの分泌にも関わっているので、まずは睡眠をたっぷりとるなど、ストレスのない生活を心がけることが大切だと思います。


運動不足になると、体内の血流が悪くなります。血流は男女ともに生殖機能に影響すると言われています。湯たんぽで体を外から温めるのではなく、体を動かして体温を上げて血流を良くしましょう。体を動かすと、日頃のストレスから解放されます。


男性の場合、タバコを吸うと血管が収縮して血流が悪くなり、精●の質が低下するだけでなく、EDの原因にもなります。また、女性は不妊や早産、発育不良の原因にもなりますので、禁煙しましょう。


母体が肥満の場合は胎児が巨大化している可能性がありますし、母体が痩せすぎている場合は胎児が低体重になっている可能性があります。葉酸などのビタミンを豊富に含む野菜をたっぷり食べて、バランスの良い食事を心がけましょう。
また、日光を浴びすぎると赤ちゃんのビタミンDの生成能力に影響を与えるので、適度に美白対策をしましょう。

ベビウェルを購入

骨密度が低いと妊娠中に骨がもろくなったり、甲状腺に異常があると排卵がうまくいかず、胎児の精神的な発育に影響が出ることがあります。心配な方は、事前に検査を受けておきましょう。
子宮がんや乳がんなどの女性特有のがんは、妊娠が可能な時期と関連しているかのように増加傾向にあります。これらのがんは妊娠中に治療するのは難しいので、妊娠前には必ず検診を受けましょう