日常の癒しの中国ドラマでよかった

“私が見て良かった日常の癒しの中国ドラマは「海棠が色付く頃に」です。
内容は海棠が莫嫿に応急処置と言ってお互い笑うのです。莫嫿本人が海棠にあなたがいてよかったと言うのです。屋敷で済周は妻が甘いミカンを渡したら要らないと言って機嫌が悪いのです。息子が父さんと母さんにただいまとあいさつをしたのです。母として息子にまた帰りが遅いと言って一日中出歩いて何をしてると叱るのです。息子が母さんに月軒と会ったと報告したのです。父は息子の態度にカチンとくるのです。朗月軒は朗里春の店や工房で働き父親を手伝ってるのにお前は何をしてると腹が立つのです。息子は父さんが僕を嫌がってると傷ついてるのです。父さんが息子に一生このままと言ったら息子が父さんに今後の人生は考えてると返答したのです。父は息子にその頭で何を考えてるかわからないと負けないで言い返すのです。一日中ぶらぶらして同じ息子でもうちは役立たずのろくでなしなのです。下がれと言って顔を見たくないと怒鳴り散らすのです。息子は父さんに分かったと言って階段を上るのです。妻は夫に息子に対してもっと言葉に気を使わないといつか報いを受けると心配するのです。夫は妻にイラついて私に説教と言われて妻が夫に違うと否定したのです。”