日本語の上達が阻害されてしまう恐れがある

早期英語教育については、私は賛成、妻と祖母は反対という状況です。

その理由は、日本語も英語も中途半端になるのでは?ということです。

祖母の場合は、昔から言われている内容なので、やらない方が良いというのが、その理由なのですが、妻の場合、知り合いの子供の状況にあるようです。

海外在住の家庭や家族内で英語を話す子供が知り合いにいて、日本語の発音も英語の発音も中途半端になっており、本人も一時期混乱しているのを見ているのがその理由です。

日本語をしっかりと身につけないうちに英語を学習し始めてしまうと、日本語の上達が阻害されてしまう恐れがあるので、英語はある程度成長してからでも遅くはないのではないかというものになります。
デメリットとして、第一に日本語力の低下の心配があることです。

英語を同時に学ぶと、結果的に日本語も英語も中途半端になると考えられるからです。

これは、日本語と英語とでは文法は大きな違いがあり、子供が混乱してしまう可能性が高いのが原因です。

また、子供自ら英語を学習したいという気持ちではなく、親が英語学習に力を入れている場合。英会話教室に通わせたり、早くから英語のCDを聞かせるなどの行為は、あくまで子供は受動的なものでしかなく、子供にとってはストレスになってしまう可能性もあります。これでは、子供が成長してからも英語が嫌いになる場合もあるので、デメリットになってしまいます。子供が興味を持つようにしない限りマイナスになるでしょう。
コチラ