書類選考時に気をつけるべき点とは?

転職活動の最初の選考にあたる「書類選考」

書類選考の通過率はおおむね「50%」
2件の応募で1件は通る計算になる選考になります。

そんな書類選考時に気をつけるべき点はあるのでしょうか?

大前提として、書類選考は自選の面接に進むための選考。
決して、書類選考で内定がでるなど起こり得ませんのでご注意ください。
(参考:転職は書類選考の段階でほぼ内定が決まる?【結論と通過率を上げる方法】

ではまず1つ目は「誤字脱字を気をつける」

誤字脱字があるだけで「印象」は悪くなります。
直接的な選考への影響は軽微ですが、人事部の印象は当然よくありません。
仕事も適当に行う人物なのか?と思われ、面接時でもファーストインプレッションは良くないものとなります。
書類選考時には提出物の誤字脱字チェックは必ず行いましょう。

次に2つ目は「強みを明確にアピールする」

転職活動で採用担当者が求めるのは即戦力人材。
会社に入社した後、どんな立ち回りで、売上貢献してくれるのか?を見ます。
なぜなら、採用活動にもコストはかかり、当然入社後も人件費としてコストがかかります。
コスト以上に利益を生み出す人材を取らなければ人事部の存在意義はありません。
なので、書類選考の提出物で職務経歴書には必ず強みを明確に記述し、アピールしましょう。
面接時でも自分の口から説明、アピールできるように練習しておく必要があります。
今までの経験とスキルを棚卸しして会社単位で強みを明確かさせていきましょう。

以上が書類選考時に気をつけるべき点でした。
他にもまだまだありますが、基本中の基本ですのでしっかりおさえておきましょう。

これから転職活動を行う予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。