毎日にケアをしているのに顔にシミが…原因は「〇〇」だった!?

まじめにケアをしているつもりなのに、なぜか肌の調子が良くない…どうして!?
日焼けする機会も少ないし、朝夕それなりにケアしているのに、なぜかシミが前よりも濃くなり、くすみも増したような気がする…。
特にマスク習慣や自宅で過ごす時間が長くなった今、そんな悩みを感じる人が増えています。そんな人は、肌を揺り動かして巡りを高めるようなマッサージケアや、温度差による刺激で優しく肌に活を入れるケアを。
慢性的な摩擦刺激は、肌に炎症を起こしシミへとつながっていきます。特に肝斑は、炎症との関わりが深いといわれるシミ。摩擦の害から肌を守る“鎧”を、肌の内側にも外側にもまとわせましょう。
肌が柔らかく整うと、成分が肌の奥にまで浸透しやすくなるので、美白美容液の効果がより高まるというメリットも。
「さらに、シミやソバカスに効く医薬部外品で肌の内側からメラニン対策すると、より効果を感じられるはず。
今そんなお悩みに適していると言える美白クリームが口コミで話題になっています。
Posted on