独立したらお金周りをきちんと整えよう

会社を独立して自分のビジネスを始めようとすると、色々と必要な準備があります。特に大事なのは、お金周りに関して収支の流れを明確に手間なく行えるように整えておくことでしょう。
お金管理というのは意外と厄介で、売上のパターンや人数が増えるほど面倒になっていくものです。特に個人単位でビジネスをやっている場合はそのへんをスムーズな状況にして置けるかどうかで本業に専念できるか否かも大きく変わってきています。
 
個人事業主やフリーランスとして独立して開業届を出すときには、『屋号』というものをもつこともできます。どんなビジネスをやるのか明確にしたり、本名をそのまま外に出したくない時に便利なものですが実は銀行口座に屋号を付けて持つこともできるんですよね。
個人事業主やフリーランスの屋号付き銀行口座はここがおすすめ!【2021年最新版】という記事にも詳しくまとめられていますが、特にネットで商品やサービスを提供したいと思っている場合は振り込み用の口座表記にそのまま本名を出したくない人もきっと多いはずです。
そんなときにも便利なのが、この屋号付き口座です。クラウド会計ソフトと紐付けておけば、売上がそのまま会計ソフトに記載されていく状況も作れるのでなるべく持っておいたほうがいいでしょう。
 
ちなみに銀行に関しては、ほとんどのメガバンクでは取得できますが難易度自体は結構さがあります。特にUFJは難易度が高いと言われていますし、りそなだと有料だったりします。またゆうちょはサークル用の口座というていじゃないとだめだったりもするので、お薦めはできません。
個人的には、自分自身もかつて利用した三井住友の屋号付き口座が特に問題なく利用できるのでおすすめです。
 
独立後になるべく早く持っておいたらそれだけお金周りも楽になるので、ぜひ念頭に置いておいてください。