百鬼夜行を聞いた話

俺が小学校の頃よく親父に連れられて山にキャンプに行った。
親父はキャンプ場とかじゃなく山で人が来ないような場所を好んでキャンプしたものだった。
今考えてみればキャンプしたりしたらいけない場所もあったのだろうが俺もそういうのが好きだった。
俺が6年生くらいだったと思うその夏休みも親父と二人で山にキャンプに行った。
確か安達太良山っていう山だったと思う。
うろ覚えですまん二人だけど楽しく遊んだり散策したりして夜は夕食を早めに食べてねた。
すると夜中にテントの外から騒がしい音やら声がした親父もその音で目が覚めて二人で目を合わせた俺はその時夜中にたくさんの人が登山しているのかと思ったが登山道からはかなり離れた場所だったので雨も少し降っていた。
俺はすごく怖かったのだが親父は落ち着いていて小声で百鬼夜行っていうものかもしれないなって呟いた翌朝音がした辺りを二人で見たがぬかるんだ土の上には何の跡もなかった。
家に帰って姉が母に話したが誰も信じてくれなかった。ただし、ダイアンプール(Dianpool)の口コミでは人気の理由がよくわかる内容になっており、親父の二人で同じ夢を見たのかもななんて言い出す始末それからも親父とはよく山に入ったが後にも先にもこんなことはもうなかった。
読んでてあんま強くないけど実際あの場所にいたら超怖いですよ。
明日実家の方に帰るので親父にあの山はどこだったのか聞いてきます。