自己否定や無価値感は一番良くないエネルギーだから手放そう

最近出会った言葉の中で、悩みごとからかなり解放された言葉が「自己否定や無価値感は一番良くないエネルギー」という言葉です。
私は結婚を機に姑と同居を始めました。昔ながらの考えが強く、自己主張と悲観的な考えが大きい姑の一語一句に、日々傷つき葛藤しながら生活をしていました。あまりに否定的なことをいわれ続けると、もちろん反発心や相手を否定的に考えたい気分にもなりますが、どこかで自分を責める自分がいました。自分が合わせればいいのだ、自分のあれが問題だったんだ、こうしておけば言われなかったのになど、日々自分を責めていました。また、こんなに姑が嫌で合わないのも私の捉え方が悪いのか?まで悩んでました。けど周囲の人は、姑の性格を問題視する人が多い中、私は目の前の不機嫌な姑と向き合うのが恐く、とにかく自己否定へと向かっていたのです。しかし、ある日ネットで、自己否定こそ一番良くないエネルギーだと読み、はっとしました。怒りや心配や嫉妬より悪いエネルギーだと言います。こんな悪いエネルギーは手放したいと思い、何があっても何を言われても自己否定をしないようにしました。だってあの姑の性格はかえれませんが、私自身は変われる可能性がありますから。すると、姑に対する無駄な警戒や反発心も減り、どこか客観的にそこまでドクターポジティブイ・楽天して反応しない自分がいました。よく他人は変えれないが自分は変われると言いますが本当です。これまでの自分の頑張り・悲しみ・葛藤を認めて癒してあげるよう心がけてます。